SNSの問題点、疑問点


絵は初心に戻り、空間について考えながらデッサンしていました。

話題。
「SNSを本当に日常で活かせている割合がどのぐらいいるのだろうかと疑問です。」

何故そういうことを言うかというと、あまりにも炎上RTをみかける、しかもツイッターに限っては漫画家さんが身勝手な人の悪質なやり口でアカウントが使えなく事例が発生し、更にはその影響で他のSNSに移行する...
SNSって結局「消耗品」なんですよね。mixiも昔はみんなやっていたのに、次面白そうと思えば飛びつく。結局情報発信ツールというよりただのおもちゃのよう。
実質大半の人がおもちゃのように憂さ晴らしと自分の気分がよくなるために発信する安っぽいツールにしか見えなくなってきました。まだブログやHP作成のころの方が本ほどでないとはいえ、「何かを伝えたい」という思い入れは強かったなと感じています。

他者のツールという安心感からか、SNSは身勝手な使い方をする人が多すぎるなと思うこの頃。勿論、普段関われないような方と出会えたり、ためになる情報も沢山あって救われました。でも沢山の塵の中から宝物をみつける感覚じゃないと探せ出せなくなってきたのも現実だと思います。

何が言いたいのかというと、「結局自分のリアル生活の体感を疎かにしたら何も意味ないよね」ってことです。SNSで疲れるような思いまでしてやる価値はないと思います。

私は近頃絵を描く方々との関わりがオンオフ共々増えてきてしまいましたが、情報媒体で愚痴を言いだすのは危険だなと思います。特に立場が上になるにつれSNSでうっかり内部事情を暴露してしまう。
これ、普通の仕事では大惨事ですよね?何故絵描きは平気で内部事情を暴露してしまいがちなのか?
プロが本当にプロ意識もって仕事をしているのか?絵だけでなく人間性の成長も立場と同時進行で進めているのだろうか?
外部の地方で自分の成長のために絵を描いてる身からすると、最近やるせない気持ちになることが多々あります。
もっとリアルで伝えることと、どの媒体で伝えること、こういうのは責任者ほど配慮すべきなのではと。

まあ、私も人の事は言えないぐらい適当なこと呟いてた時期が大半だったので、最近気が付いて良かったです。
ホント、気をつけないとな...。
スポンサーサイト
Theme: 思うこと
Genre: 学問・文化・芸術

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する