最近みた書籍やDVD、動画

変な天気ですが何とか生きてます。
この前グループ展の打ち合わせがありました。色々ありますがまあ何とかなるでしょう。
今回は書籍やDVD紹介。

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福 (amazon)
下を最近読んでいるところですが。一気に読み進められました。
ホモ・サピエンスがどういう経路で現代にまで続いたのかというお話かな。
著者の見解がどうであるかと、史実がどうであるか、他の研究者の意見でもこういうことがある、わからないことはわからない。とかっちり述べているため読みやすいです。
歴史を振り返るのにはオススメ。

カラー 日本の戦争 前編/カラー 日本の戦争 後編(youtube)
youytubeの動画を引っ張り出すのはどうかなと思ったのですが、感慨深い動画だったので。
戦前戦後の映像はカラー映像が少なくて観にくい資料が多いためありがたいです。
映像を作成した側の思想は余りなく、史実や資料を淡々と述べているのでそれも良かったです。
(他者の思想以上に起こった事がどうであったかを冷静に知りたいため…。)

君の名は。 (amazon)
ストーリーも面白かったですが、風景や人物の時間の経過を感じさせられる映像が素敵でした。
泣きっぱなしだったので映画館で観なくて良かったです笑
多分去年見ても私にとっては響くものが少なかったと思うので、この時期に見て正解でした。
やっぱ時期やタイミングは大事です。この映画の軸でもありますが。

こういうものに何故興味を持っているのかというと、時系列がどうなっているのかというのが最近気になっています。
自分が何故どのようにして生まれてきたのか、現在何が起きているか。また今後どうなっていくか。
これを整理していくと、自分の今やるべきことは何か把握しやすくなるのではないかなと思うため。
制作も大事ですが、これもまた大事なことだと思います。人間だもの。

また気になるものがあったら紹介します。
スポンサーサイト
Theme: 思うこと
Genre: 学問・文化・芸術

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する