情報、現実、言動。

最近あまりにも情報の多さに疑問を感じます。本も怪しげな人でも簡単に出版できるのでどうかと思うのですが、ネットをしている人は自分らの発信している言葉が「情報である」ということを認識しているのか甚だ疑問。文字の責任を感じずSNSや掲示板に投稿している人が多いように思います。愚痴などはまだ可愛い方で、この時期に原爆に関して「ワンモア広島」なんて日本人が言っているのは本当に遺憾です。 「ネットで匿名だから何言っても許される」という観念をそろそろ捨てるべきだと思います。人のためになる情報を発信してほしいです。あとテレビも、もっと世界情勢を発信してほしい。芸能人政治家の不倫話とかどうでもいいので...。
一見絵と関係ないかもしれない話題ですが、絵画も技法や思想などの絵描き同士の内輪揉めしてる場合ではないと思ってます。「どう描くか」以上に「自分が何を発信したくて描くか」も大切なことでしょうし。そしてそれは絵描きのためにあるのでなく閲覧者のためにあるものでしょうし。あまり私が偉そうなこと言えませんが一応。
あまりにも平和思考というか、平和思考ならまだ良いんですが「自分のことしか考えてない、世界が見えてこない」という現状は先進国なのに悲惨すぎると思います。
写真はお遍路行った時のもの(一日で徳島9箇所巡りました、暑かったです)

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する