最近の絵

facebook.jpg1.jpg
小作品を大作の合間合間に描いています。
海の方は栢島、紫陽花はお遍路の時に見つけたものを描いています。
紫陽花の方は途中で、アクリルで描いてますが油絵の具を上からかけたいかなと。
海の方もアクリルの上に油絵で描いています。
併用すると中々クリアになる…気がする!


此処からは最近思うこと。

固定概念を壊し、本当の自分になる。それはあまりにも過酷なことだと思います。
「ありのままに生きる」というテーマは「アナと雪の女王」でもお馴染みですが、
ありのままに生きるというのは好きなように生きるということとちょっと違います。
ありのままというのは本来の自分に帰るということ。では、本来の自分って何だろう?
固定概念を植え付けられた大人が「ありのままに生きる」ということはとても過酷ですしある意味残酷なテーマのようにも思えます。
特に大人は多かれ少なかれ「トラウマ」を抱えているため尚更です。
なので大人になって「自分探し」をする人が多く出てくるのだろうと思います。諦めた方だって沢山いるでしょう。

トラウマを克服する。これは固定概念を克服する一つのカギかもしれません。
でもこれは本当に残酷なことです。自分が怖いものと直面して対応するなんてぞっとします。
けれど私はこれは絵を描く上でも必要なことだと考えています。
何故かというと、固定概念で囚われた絵なんて「面白くない」からです。
「上手くなろう」「売れよう」とするほど絵はどんどんつまらなくなります。
なので私は「筆に任せる」作業が一番自分の思うがままの絵が描けるのではとこの頃考えます。
でもありのままの絵が描けるためにはやはり「絵の固定概念」を知るためにデッサンをしてきました。
作品制作は「デッサンを壊す」「概念を壊す」ことでしょう。

まあ普通はそこまで考えなくてもいいんでしょうが、そこまで考えざる負えない状況にいつも陥るのは「これも一つの運命だろうか…」と嫌になったりもします。絵描くのは楽しいですが、私の人生中々過酷だ笑
描けば描くほど険しい道が待っている。山登りかよって本当に嫌になります。
でも、それは人生が辛いだけで絵を描く辛さだとは考えてません。絵を描くのは本当に楽しいです。では。
スポンサーサイト
Theme: 絵画
Genre: 学問・文化・芸術

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する