画廊詐欺?

ちょっととある画家さんとツイッターでトラブったあと、他の方から励ましの言葉をいただいたり、濃い一日でした。
色んな人がいるのだから、合う合わないはまあ仕方ないとして。

それよりもっと嫌だった出来事は、某東京の小さな会社(有名どころではないです)の企画画廊からかなり無理矢理なお誘いを受けて、時間のロスと精神的な消耗でかなり残念な思いをしています。
と言うのも、「7月にとある大企画をやるので是非参加してほしい!」とのこと。
一応私は11月まで忙しいのでとは伝えていたのですが、専属アーティストになってほしいとのこと。
かなり強引だったのと最初は「イベントに駆り出される程度で、小作品ぐらいならいっかー」と考えていたのが甘かった。
今日詳細を取ってみると「事務員がいないため、専属アーティストさんは現金書留で12万支払ってください、直接会う場合でも現金書留で」とのこと。
流石にイラッときました。まあ絶対無理なのでやんわりお断りをしたのですが。
よく考えたらその会社、ギャラリーとfacebookのHPはあるのにネット検索かけてもでてこないんですよね。
住所とか詳細全然掲載してないし。怪しいにもほどがある。
そのわりにはhttpsだから、ギャラリーサイトのセキュリティはしっかりしてるんですよね。
おまけに合名会社とは珍しいこと。そちらの会社についての説明はせずいきなり「参加しませんか?」というツイッターでの軽いノリ。自分の会社の熱意しか語らずこちらの事情ガン無視。12万は宣伝費用のため必要不可欠とのこと。
(でも絵を売る場合は6:4の割合で4割向こうが持っていくのに、更に12万って何の12万だと思ったりもやもや…)

「あー単純にお金が欲しいんだな…」と思いました。
もし本当に実在する会社でしたらあまりにも常識が無さ過ぎますし、というか普通こんな感じだったら「詐欺だ」と疑いますよ。
どっちにしてもそんなところで働ける気がしない。

世の中甘くないので、下手にネットで「お仕事募集中!」と掲げている方は本当にお気をつけて。
私の場合お仕事募集してないくせに来ましたが…多分ランダムで狙ってるんでしょうね。ぞっとしました。

まあ変な会社は世の中ゴロゴロしているので、これからは気を付けていきたいです。
私はネットで知り合いでもなんでもない方とのお仕事依頼や展示依頼は受け付けません。
他人にこんなにイラッと来たのいつぶりだろう。厄日だ…。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する